デブには残酷な世の中の食べ物のほとんどが糖質と資質という話

今月はいろいろ仕事で働きながら合間合間でどういう風にすればだいぶできるのかって言うのを調べてみたい。

基本的にはカロリーを取らないというのが大前提なのだが、そのカロリーに関係してもまずは糖分を減らすというのがとても大事と言うことがわかった。

結局糖分と言うものは体の脂肪として変換されやすいものとざっくり言えばそういう風な感じみたいもちろん食べ方やどういう食べ物と一緒に食べるのかなどもあるけれどもあるのとないのとではやはり糖質があった方が太りやすいと言う傾向はあるようだ。

私としては食べてるものはほとんどがポテチうどんラーメンパスタ牛丼うどんちゃんぽん寿司といったような感じでほぼほぼ糖質が8割9割を超えるようなメニューを毎日食べていると言うことに気づいた。

そしてその糖質が含まれないよな食品と言うものがいかに少ないのかと言うのを気づかされた。

コンビニやスーパーなどで売ってあるものもほとんどが糖質であるもしくは脂質であると言うような感じだった。
自分としてはかなり絶望してしまった。

とは言え痩せるしまえば道と言う事でもないとか思いながらとりあえず調べた結果がこういうことだった。

とりあえず食べ物に感謝わかったのでその後運動やトレーニングに関してはどういうものがいいのかっていうの今度調べとこうと思う。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。